Ministerial Roundtable (W) (By invitation only) Reconstructing after Disasters: Build Back Better

03/15(日) 10:00-13:00 Room 1&2

約40の国の代表・国連機関・NGO(JCC2015)によるセッションとなった。まず、太田国交省大臣からの挨拶から始まり、最悪の事態も想定し、ハード・ソフト両方の防災予防的な投資を進めることが述べられた。議論の中では、Build Back Betterのコンセプトを用いて、様々な角度から各出席者の経験や意見を共有した。例えば保険、平時からの対応計画、コミュニティの巻き込み、紛争予防、開発・環境・防災の一体化、財政資源の確保などが具体的に提示された。JCC2015は「有名なNGOの」と議長から紹介され、12時に大橋正明(JCC2015共同代表)の発言が許された。「安全神話からの決別という日本政府の昨日のコメントを賞賛したい。ただ、経済優先の考え方からまだまだ安全神話がつきまとい、産業災害を悪化させている。産業災害に関するリスク特定・開示、またそれをベースとしたBuild Back Betterは国連機関が主導し、加盟国も一緒にみんなで取り組んでいくべき課題である」というメッセージを伝えた。

報告者:小美野剛(CWS Japan)

・JCC2015共同代表大橋正明の発言はこちら